2014年2月6日木曜日

富裕層が住む街 関西編(Area in which the wealthy live, volume on Kansai region)


(2013年のデータについては、こちらの方に記載しています。)

大阪府
京都府
兵庫県





 前回の記事に引き続き、総務省統計局が5年ごとに公表している住宅・土地統計調査に基づいて、関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)において、富裕層が比較的多く住んでいると思われる街を明らかにする。
 
 大阪府において、富裕層が比較的多く住んでいる街は、北摂地域の豊能町(ときわ台、光風台)、吹田市(桃山台)、箕面市(百楽荘、桜ヶ丘)などとなっている。
 かつて「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「大大阪」などと呼ばれ、日本経済の中心地であった大阪は、高度経済成長期以降、経済の地盤沈下が進行し、富裕層は首都圏に流出していった。大阪市24区のうち、天王寺区、阿倍野区、福島区を除く21区の世帯平均年収は、東京都足立区(約457万円)や私が住んでいる福島県福島市(約452万円)を下回っている。
 大阪では、所得のドーナツ化現象が発生している。中流階級や富裕層の多くは阪急沿線などに居住し、貧困層の多くは大阪市内に住んでいる。大阪市内にも帝塚山(住吉区)や北畠(阿倍野区)などといった高級住宅街はあるのだが、そういったところに居住する富裕層は、街全体の少数派に止まっている。

 Following on the last report, the area in which the wealthy live mostly is searched in the Kansai region (Osaka, Kyoto, Hyogo Prefecture). 
 In Osaka prefecture, the area in which the wealthy live comparatively mostly serves as Toyono-cho, Suita city, and Minoo city.In Osaka which was the center of Japanese economy once, economic land subsidence advanced after the rapid economic growth of our country. With the decline of the economy of Osaka, the wealthy flowed into the metropolitan area. 
 In Osaka, the doughnut phenomenon of income has occurred, many of middle classes and wealthy reside in the Hankyu area along the railroad line etc., and many of poor live in Osaka. Although a good residential district is also in Osaka, the wealthy who reside in such places have stopped at the minority group of an overall community. 





 次に、京都府のデータである。京都府で富裕層が比較的多く住んでいる街は、精華町(精華台、光台)や京田辺市(松井山手)などとなっている。京都市内には、下鴨(左京区)、嵯峨野(右京区)、桂坂(西京区)、北野(北区)、桃山(伏見区)などといった高級住宅街はあるのだが、そういった高級住宅街の存在が、街全体の世帯平均年収を押し上げていないことから、資産格差や所得格差の大きい地域であることが伺える。

 Next, it is data of Kyoto. The area in which the wealthy live in Kyoto comparatively mostly serves as Seika-cho and Kyotanabe. Good residential districts, such as Shimogamo, Sagano, Katsurazaka, Kitano, and Momoyama, are in Kyoto. However, existence of such good residential districts is not pushing up the household average annual salary of the overall community. Kyoto can observe that it is an area where an asset disparity and income differential are large. 





 最後に、兵庫県のデータである。南部(播磨地域)と北部(但馬・丹波地域)では、地理的条件が相当程度異なることに留意を要する。神戸市で富裕層が比較的多く住んでいる街は、東灘区(御影、岡本、住吉)、西区(西神中央)などとなっている。インナーシティ問題を抱えているとされる兵庫区や長田区の世帯平均年収は低い。
 神戸市以外では、猪名川町(日生ニュータウン)、芦屋市(六麓荘町、平田町、山手町)、三田市(カルチャータウン)、宝塚市(仁川、逆瀬川、雲雀丘)、西宮市(西宮七園)などとなっている。いずれも阪神間の山の手に位置している。

 Finally, it is data of Hyogo Prefecture. At a southern part and a northern part, consideration is taken for geographical conditions to differ in a considerable grade. The area in which the wealthy live in Kobe city comparatively mostly serves as Higashinada-ku, Nishi-ku, etc. The household average annual salary of Hyogo-ku and Nagata-ku which has the inner city problem is low. Except Kobe city, they are Inagawa-cho, Ashiya, Mita, Takarazuka, and Nishinomiya. All are located in the uptown between Hanshin.