2014年2月18日火曜日

富裕層が住む街 中京編(Area in which the wealthy live, volume on Chukyo region)


(2013年のデータについては、こちらの方に記載しています。)

愛知県
三重県
岐阜県




 首都圏編関西編に引き続き、総務省統計局が5年ごとに公表している住宅・土地統計調査に基づいて、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)において、富裕層が比較的多く住んでいると思われる街を明らかにする。
 
 最初に愛知県のデータである。名古屋市において、富裕層が比較的多く住んでいる街は、千種区(覚王山、月ヶ丘、星ヶ丘)、昭和区(南山、八事)などとなっている。千種区と昭和区以外では、東区(白壁)や天白区(音聞山)などにおいて、閑静な邸宅地が形成されている。

 名古屋城や栄が立地する中区、名古屋駅が立地し風俗店が集積する中村区、中京工業地帯の一角を成している港区や南区など、市の南西地区の世帯平均年収は低い。
 名古屋市では、名古屋駅から東側の都市開発が進んでおり、大阪市のように所得のドーナツ化現象は発生していない。

 名古屋市以外では、三好町(みよし市)、田原市、豊田市、刈谷市、日進市などとなっており、いずれも名古屋市の東側に位置している。これらの街では、まとまった高級住宅街が形成されているわけではないが、低所得者層の世帯割合は低く、世帯平均年収は名古屋市を上回っている。

 Following on the last report, the area in which the wealthy live mostly is searched in the Kansai region (Osaka, Kyoto, Hyogo Prefecture). 
 It is data of introduction Aichi Prefecture. In Nagoya city, the area in which the wealthy live comparatively mostly serves as Chikusa-ku, Showa-ku, etc. Except Chikusa-ku and Showa-ku, the quiet residence place is distributed in Higashi-ku, Tenpaku-ku, etc. The household average annual salary of city southwest areas, such as Naka-ku, Nakamura-ku, Minato-ku, and Minami-ku, is low. Urban development on the east is progressing from Nagoya Station, and a "suburbanization phenomenon" like Osaka city has not occurred in Nagoya city. 
 The area in which the wealthy live comparatively mostly except Nagoya city serves as Miyoshi city, Tahara city, Toyota city, and Kariya city. Any area is located in the east side from Nagoya. In these areas, low income groups' household percentage is low, and the household average annual salary has exceeded Nagoya city. 





 次に、三重県のデータである。三重県は南北格差の大きい地域であり、県北中部の伊勢平野に人口と経済の大半が分布する。三重県において、富裕層が比較的多く住んでいる街は、東員町、菰野町などとなっている。東員町は、公園などの公共インフラが充実した街として知られている。鈴鹿山脈の山麓に位置する菰野町は、四日市都市圏の郊外住宅地として、人口の増加が続いている。
 県庁所在地である津市では、観音寺や大谷といった高級住宅街が形成されているが、津市の世帯平均年収は、東員町や菰野町などと比較すると低めとなっている。

 Next, it is data of Mie Prefecture. Mie Prefecture is an area where a South-North gap is large. The great portion of population and economy are distributed over the Ise plain. In Mie Prefecture, the area in which the wealthy live comparatively mostly serves as Toin-cho, Komono-cho, etc. It is the area whose public infrastructures of Toin-cho, such as a park, were substantial. As for Komono-cho located in the foot of a mountain of the Suzuka mountain range, the increase in population continues as a suburban residential area of the Yokkaichi city zone. 
 Some good residential districts are formed in Tsu city which is the prefectural capital. However, if the household average annual salary of Tsu city is compared with Toin-cho, Komono-cho, etc., it is a little low. 





 最後に、岐阜県のデータである。岐阜県は、三重県と違って、北部の飛騨地方と南部の美濃地方の間に、それほど大きな年収格差は見られない。大垣市と羽島市に隣接する安八町の世帯平均年収は高めである。一方で、県庁所在地である岐阜市の世帯平均年収は低めである。
 名鉄の路線図や広域道路地図(東海環状自動車道)などを見れば一目瞭然であるが、岐阜県の経済は、名古屋都市圏に対する従属的発展を宿命づけられている。

 Finally, it is data of Gifu Prefecture. Unlike Mie Prefecture, the big economic discrepancy between the northern Hida district and the southern Mino district is not seen in Gifu Prefecture. The household average annual salary of Gifu city which is the prefectural capital is lower. The economy of Gifu Prefecture serves as a relation which had dependent development destined to the Nagoya city zone.