2014年2月4日火曜日

富裕層が住む街 首都圏編(Area in which the wealthy live, volume on metropolitan area)


(2013年のデータについては、こちらの方に記載しています。)

東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県



 総務省統計局が5年ごとに公表している住宅・土地統計調査では、市区町村別の世帯年収の大まかな分布状況を知ることができる。最近の調査は2013年に行われているが、現在公表されているデータは2008年の調査結果である。
 この公表データを加工して、以下の表のとおり、世帯平均年収別に東京都の市区町村を並べてみた。そうすることで、富裕層が比較的多く住んでいると思われる街を明らかにする※。また、年収1,000万円以上の世帯割合(高所得者層の割合)、年収300万円未満の世帯割合(低所得者層の割合)を表示する。公表データには、奥多摩町や大島町などの一部の自治体が含まれていない。
  ※ 本来であれば、市区町村別ではなく、丁字別でリサーチしたいところであるが、残念ながら公的機関の公表データは市区町村別までとなっている。

 東京都において、富裕層が比較的多く住んでいる街は、千代田区(番町、麹町、紀尾井町、九段、富士見)、港区(赤坂、白金、高輪、青山、麻布)、中央区(銀座、日本橋)、目黒区(柿の木坂、自由が丘)、文京区(大和郷、本郷、本駒込)、渋谷区(松濤、広尾、表参道、恵比寿)、世田谷区(成城、上野毛)、杉並区(永福、浜田山)などとなっている。
 東京都の世帯平均年収は西高東低で分布しており、地価も同様である。

 In the housing and land survey which the Statistics Bureau, the Ministry of Internal Affairs and Communications, has released every five years, the rough distribution situation of the household annual income according to cities, wards, towns, and villages is published. Although the latest investigation is conducted in 2013, the data released now is the results of an investigation in 2008. This official announcement data was processed and the cities, wards, towns, and villages of Tokyo were arranged in according to a household average annual salary as the following tables. By doing so, I clarify the area in which the wealthy live comparatively mostly. Moreover, the household rate (higher income brackets' percentage) of the annual income of 10 million yen or more and the household rate (low income groups' percentage) of the annual income of less than 3 million yen are displayed. 
 In Tokyo, the area in which the wealthy live comparatively mostly serves as Chiyoda-ku, Minato-ku, Chuo-ku, Meguro-ku, Bunkyo-ku, Shibuya-ku, Setagaya-ku, Suginami-ku, etc. The household average annual salary of Tokyo is distributed by the high pressure to the west and the low pressure to the east, and its land price is also the same. 





 次に、神奈川県のデータである。横浜市で富裕層が比較的多く住んでいる街は、青葉区(田園都市線沿線)、都筑区(地下鉄グリーンライン沿線)などである。青葉区・都筑区は、低所得者層の少ない街であり、世帯平均年収は、東京の千代田区・港区と同じ程度となっている。
 横浜市以外では、川崎市の麻生区(王禅寺、上麻生)、鎌倉市(西鎌倉、鎌倉山)、逗子市(披露山庭園)などとなっている。

 Next, it is data of Kanagawa Prefecture. The areas in which the wealthy live in Yokohama city comparatively mostly are Aoba-ku, Tsuzuki-ku, etc. Aoba-ku and Tsuzuki-ku are areas with few low income groups, and the household average annual salary serves as the same grade as Chiyoda-ku and Minato-ku in Tokyo. Except Yokohama city, they are Aso-ku in Kawasaki city, Kamakura city, and Zushi city. 





 次に埼玉県のデータである。埼玉県で富裕層が比較的多く住んでいる街は、さいたま市の浦和区(岸町、常盤)などとなっている。神奈川県に比較すると、埼玉県内の市区町村の世帯平均年収は全体的にやや低く、年収1,000万円以上の世帯割合も低めである。

 Next, it is data of Saitama Prefecture. The area in which the wealthy live in Saitama Prefecture comparatively mostly has become Urawa-ku in Saitama. As compared with Kanagawa Prefecture, on the whole, the household average annual salary of the cities, wards, towns, and villages in Saitama is low, and its household rate of the annual income of 10 million yen or more is also lower. 





 最後に千葉県のデータである。房総半島の東部や中央部には過疎地域が分布しており、東京都などとの比較にあたっては、前提条件が異なることに留意を要する。千葉県で富裕層が比較的多く住んでいる街は、千葉市ではなく、白井市(西白井)、浦安市(舞浜、新浦安)、印西市(千葉ニュータウン?)などとなっている。白井市と印西市は、都市開発の成功によって人口の増加が続いている地域でもある。

 Finally it is data of Chiba Prefecture. The depopulated area is distributed over the eastern part and the central part of Boso Peninsula, and consideration is taken for premises to differ a little in comparison with Tokyo etc. The area in which the wealthy live in Chiba Prefecture comparatively mostly serves as not Chiba city but Shiroi city, Urayasu city, and Inzai city. Shiroi city and Inzai city are also the areas where the increase in population continues by success of urban development.